厚紙をコピー機に用いる際の注意点と綺麗に印刷する工夫

コピー機5

コピー機を使用した印刷は簡単な操作で綺麗に仕上がるのが利点です。機械操作に不慣れな人でも必要な枚数分の印刷が出来るのがコピー機の特徴ですが、その一方で専用のコピー用紙に限定される欠点もあります。厚紙のような特殊な用紙を使った印刷を行うにはコピー機の部品を交換するなどの工夫が必須です。

コピー機の性能を正しく理解し、厚紙に綺麗な印刷を施す方法を学びましょう。

コピー機の印刷の仕組みと使い方

コピー機13

コピー機による印刷は対象物の文字や画像をデータ化し、コピー用紙に転写するのが基本的な仕組みです。広く普及しているモノクロコピー機は専用のトナーをコピー用紙に熱転写して文字や画像を表現します。使用するトナーは黒色のみで、トナーの量で濃淡を表現するのが特徴です。

また、熱転写なので印刷直後のコピー用紙は熱を持っています。複数枚を一度に印刷するとコピー機が過熱の状態になる可能性もあるので、一定枚数ごとに小休止させるのが機器の性能を損なわないための工夫です。現在のコピー機はコンピューター制御が施されているので、トナーやコピー用紙が不足するとアラームが鳴ったり警告文が表示されます。

また、コピー用紙の詰まりなどのトラブルが起きると自動的に停止するので大きな事故に見舞われる心配がありません。その反面、誤った操作を繰り返すと印刷機能の劣化をはじめとする様々なトラブルが起きる可能性があるので正しい使用法を遵守することが大切です。

コピー機の多くは製品保証が付いていますが、誤った使用による故障には保証が適用されないことがあるので注意が必要です。


コピー印刷に適した用紙の選び方

コピー用紙は大量に使用する消耗品なので安価で購入出来る製品が多数を占めます。また、現在のコピー機は複数の寸法に対応しているので、様々な寸法のコピー用紙をそれぞれ用意しておくことが可能です。コピー用紙はOA機器の販売店や量販店などで購入出来ますが、書類作成や画像印刷に適した無地の白色の用紙が殆どです。

紙の品質もコピー機の排出口に合わせた薄地の作りになっているので扱いやすい反面、折れや水気にとても弱い点を注意する必要があります。また、日光に当たると色焼けが生じてしまい、紙の耐久性も著しく低下するので慎重に扱うことが大切です。

コピー用紙は価格の他に使用目的でも選ぶのが満足出来る結果を得るための条件になります。また、コピー機に不具合を起こさない高品質の物を選ぶことも作業効率を上げるための重要なポイントなので、信頼出来る品質を保持出来る優良なメーカーの製品を選ぶのが無難です。

近年では模様が付いていたり白色以外のコピー用紙も市販されていますが、書類作成など仕事用には不向きなので注意します。また、紙の厚さについてもコピー機の排出口の寸法に合わせないと紙詰まりなどのトラブルに繋がることから、規格に合わない製品は選ばないのが賢明です。

コピー機で厚紙に印刷を行うための工夫

コピー機7

コピー機での印刷は専用のコピー用紙を使うのが普通ですが、厚紙のような特殊な用紙に印刷を行う際はコピー機の改良が求められます。コピー機の排出口は一般的なコピー用紙の厚さに合わせて成形されているので、厚紙をそのまま使うと詰まってしまいます。

また、コピー機の内部ではコピー用紙を専用のローラーで回転させて排出口まで運ぶため、厚紙ではローラーによる回転に対応出来ません。そのため、厚紙でコピー印刷を行う際は排出口やローラーの交換が必要になります。

特に排出口の交換は厚紙のスムーズな排出に欠かせないので、必ず用紙の厚さに合致する寸法の物を使うことを心がけます。

新型のコピー機によっては用紙の厚さごとに排出口の寸法が自動的に調節される機能が付いている物がありますが、コピー用紙を機器の内部で回転させて印刷を行う仕組みは変わりません。そのため、厚紙に対応出来る専用の部品に入れ替えるのがトラブルの無い、綺麗な印刷に仕上げるための条件になります。

機器の年式によっては厚紙印刷が出来ない物もあるので、まずは機器の仕様を確認したうえで部品交換などの改良を施すことが大切です。


コピー機用の厚紙を購入する方法と正しい使い方

コピー用紙は紙詰まりを防ぐため、薄地の作りになっています。複数のメーカーがコピー用紙を製造していますが、コピー機に対応出来るようにどの製品も紙の厚さは殆ど変わりません。コピー機で厚紙を印刷する場合は機器の状態を改良する他、コピー機に対応している厚紙を用意するのが賢明な対処法です。

しかし、国内で製造されているコピー用紙の多くは薄地の作りなので探すのが難しい問題があります。コピー機用の厚紙は製造数が少ないので特殊な用途に用いる一部の業種での使用に留まっているのが現状です。そのため、大量に必要であったり個人で使う際は海外製のコピー用紙を輸入するのが一般的な入手方法になります。

厚紙のコピー用紙は輸入雑貨の専門店や海外製品を扱う通販業者を介して購入することが可能です。市場で広く流通している一般的なコピー用紙と比較すると高額な製品が多いので、必要な枚数と予算を照らし合わせて購入することを心がけます。

また、海外製のコピー用紙は品質にばらつきがあり、稀に粗悪品が混在している可能性があるので取り扱いには細心の注意を払うことを心がけます、コピー機用の厚紙はローラーによる回転に対応出来るように柔らかく作られていますが、紙詰まりのリスクは一般的なコピー用紙より高いので機器の操作も慎重に行うことが大切です。

amazonで販売しているコピー機を紹介します

厚紙印刷に向いているトナー選びのポイント

コピー機印刷はトナーを熱転写して行うので、熱が伝わりにくい厚紙ではかすれなどの印刷ムラが起きやすい問題があります。厚紙印刷を綺麗に仕上げるにはトナー選びにも気を配ることが大切です。一般的なトナーでは厚紙に馴染みにくく、印刷面が汚れてしまう可能性があります。

厚紙に対応しているトナーを使うのがかすれなどのトラブルが無い、綺麗な仕上がりにするための条件です。しかし厚紙と同様に国内製品は入手が難しいので印刷を行う際は輸入雑貨店などから余裕を持った数を購入しておくことを心がけます。

また、厚紙用のトナーを一般的なトナーと混ぜてしまうと色ムラやかすれが起きてしまうので絶対に行ってはいけません。見栄えの良い厚紙印刷を行うためには機器の改良や消耗品の選択に細心の注意を払うのが大切な条件なので、手抜きをせずに入念な準備を進める必要があります。