コピー機はアプリで操作しよう!

コピー機13

以前はパソコンのデータをコピー機で印刷していましたが、今はスマホのデータを印刷したい場面も増えています。ビジネスとプライベートどちらでも、スマホで印刷できるようになればメールで受け取ったデータなどをすぐに書類で用意できます。

では、コピー機のアプリにはどんな種類があって、どこで印刷できるのでしょうか。


コンビニで使えるコピー機アプリ

どのコンビニにも印刷機が置いてありますが、その印刷機をそれぞれのアプリを使用して操作することも可能です。例えばセブンイレブンの場合、専用アプリから各種サイズに合わせたプリントにスキャンなど、基本的な操作は全て行えます。

また、こうしたコピー機を使用するメリットはすでに用紙が用意されていることです。ハガキサイズや普通紙サイズなど、自分で用意するには面倒な用紙が最初から備え付けてあるので、外出中急いで印刷しなければならない時非常に重宝するはずです。

SHARPのPrintSmash

コピー機19

コピー機アプリに多いのは、特定のメーカー製品に対応しているタイプです。SHARPのPrintSmashは正にそうしたタイプで、JPEGやPDFファイルを簡単に印刷できます。

操作方法も画面に従っていれば簡単ですし、Wi-Fiにさえ繋がっていれば問題ありません。Androidの場合は自動接続となっているので、その接続すら手間がかからないでしょう。また、例えば旅行中に撮影した写真をすぐにプリントしたい場合、近くのコンビニにSHARPのコピー機があればすぐに印刷できるのです。

netprintとは

主にセブンイレブンで使用されているコピー機にアクセスできるのがこのnetprintです。Officeで作成した文書などもコピーできるので、ビジネスシーンでも活躍しやすいアプリでしょう。予約番号から簡単に予約もできますし、セブンイレブンを利用する機会の多い方はインストールしておいて損はありません。

また、アプリからのプリントに不慣れな方でも簡単に操作できるよう、目的別にプリント方法が分かれています。テキストをコピーしたい場合、写真をプリントしたい場合、インストール済みのファイルをプリントしたい場合など直感操作でコピーが完了するのです。

ただし、予め「ネットプリントサービスBASIC」への登録を済ませておかなければならず、事前にサッと登録しておくことをおすすめします。

プリント前の準備

アプリで印刷する場合、恐らく外出中のプリントが多くなります。

そのため、コンビニなどで用意されているコピー機を使用する場合は当然コピー機を個別で用意する必要はありません。

必要なのはスマートフォンに対応したアプリ、そしてコピー機に合わせた形式変換です。無難なのは、PDFファイルに変換しておくことでしょう。多くのコピー機で対応していますし、文書も簡単に変換できるので使いやすい形式です。

また、必要な金額も一緒に確認しておきましょう。白黒かカラーか、あるいはサイズの違いによってそれぞれ価格が異なります。

コピー機の安全性について

中には、誰かに見られては困るデータをプリントする方もいるでしょう。社内データを印刷する場合などはそのパターンですが、コンビニなどで設置されているコピー機は毎回データを削除していたり、万全なセキュリティ対策が施されています。

利便性を高めるべくパスワードも不要ですが、だからといってコピー機から情報が漏れてしまうことはありません。それでも不安がある場合は社内のコピー機などを使うとよいでしょう。

クラウド上のデータをプリントする

最もコピー機のアプリを活用しやすいのは、このパターンではないでしょうか。印刷したいデータを予めクラウド上にアップしておき、コンビニでクラウド上のデータをプリントします。この方法なら普段からクラウド上にバックアップしておけばいつでもプリントできますし、出張先で急なデータのプリントが必要になった時でも対応できます。

プリントの予約とは

スマートフォンではなくパソコンからマルチコピー機で印刷したい方は、USBを介した方法よりもプリント予約を活用することをおすすめします。プリント予約とは、印刷したいデータを送信し予約番号を受け取ります。後は予約番号をコンビニのマルチコピー機に入力するだけでプリントアウトされるシステムです。

データを持参する必要がないので非常に簡単ですし、待ち時間にデータを送信して帰り際にコンビニに寄ってプリントする、という方法も取れます。とにかく無駄なく印刷を済ませたい、という方には便利な方法でしょう。

amazonで販売しているコピー機を紹介します

コピー機と支払い方法

コンビニのマルチコピー機を利用する際に注意したいのが支払い方法です。セブンイレブンを例にすると、コピーや写真プリントではクレジットカードは使えません。Edyも使えないので、現金を用意するのが一番無難でしょう。

また、nanacoには対応しているので、そちらを普段利用している方も特に問題ありません。一方で、マルチコピー機なのでコピー以外の機能ではクレジットカードも一部使用できます。エンタメチケットやレジャーチケットの購入、バスチケットの予約などが該当します。

Edyは全てにおいて使用できないので注意しましょう。

コピー機アプリを使用するメリットとは

非常に便利なコピー機アプリですが、改めて使用するメリットを確認してみましょう。一番はやはり、コンビニでいつでもプリントできることです。自宅にコピー機がない場合、オフィスのコピー機が調子が悪くうまく印刷できない時など、意外とコンビニのコピー機の活躍の機会は多いのです。

セブンイレブンでもローソンでも、こうしたマルチコピー機導入は進んでいるため特定のコンビニでないと使えないとはならないのもメリットの一つです。また、今主流なのは予約番号を発行することで、事前に印刷する内容を送信できるシステムです。

つまり、予約番号さえ伝えておけば印刷は可能なので、家族や友人、同僚がコンビニに足を運ぶ際についでにプリントを頼みやすいのです。そこまで急ぎではない場合、自分以外でも印刷できるというのは非常に役立ちます。

そしてもう一つのメリットが、操作が非常にシンプルであることです。Wi-Fi接続も自動、操作方法も単純となれば、スマートフォンに不慣れな方でも簡単に操作できるのです。この点も、ビジネスシーンで使いやすい理由と言えるでしょう。